アニメ『ヒプノシスマイク』ネタバレ感想 各チームのプライドと絆を賭けたMCバトル開催!ディビジョンごとに絆を確かめ合う!

アニメ

こんにちは。サンチョです。
2020年10月2日から放映されたいたヒプマイのアニメが完結しましたね。

私はヒプノシスマイクの楽曲は聞いていたのですが、ドラマCDを聞いたりマンガを読んだりはしていなかったのでストーリーに関しては前提知識はほどんどナシです。
それでも問題なく楽しむことができるストーリーでした。
もちろん知識があるともっと楽しめたんだろうなと思った部分はところどころありましたけどね。

音源を扱うアニメは今までにも観てきましたが、全ての話に新曲があるアニメは初めて見ました…気合いの違いを感じます!!

1話目に関しては劇中ラップ計4曲!!
一曲一曲の演出も素晴らしかったですし、ラップが主軸となる話であることも分かりやすく、掴みはバッチリだったと思います。

イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュクの出番も基本的には平等でモヤモヤせずに見ることが出来ました。

ちなみに私の推しはヨコハマ・ディビジョンのMAD TRIGGER CREW です!!!

今回はそんな『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』のネタバレ感想を記載していきます。
途中からネタバレも含まれますので、アニメを未鑑賞の方はお気をつけ下さい。

ヒプノシスマイク 基本情報

2017年9月2日から始動した豪華声優達によるキャラクターラッププロジェクト。
楽曲の提供者には「Creepy Nuts」や「サイプレス上野」「DOTAMA」などHIP HOP界の重鎮達がいる。

あらすじ

引用)YouTube アニプレックス公式チャンネルより

西暦××××年。第三次世界大戦により世界は人口の3分の1を失った。人類滅亡を危惧した権力者たちは武力ではなくディベートによる戦争回避を目指した。――しかし愚かな男たちは武器による争いを止めることはなかった。そして西暦最後の年――……。既存の世界は女性の手により終わりを迎える。H歴。武力による戦争は根絶された。争いは武力ではなく人の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。その名も「ヒプノシスマイク」。このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。H歴3年。人々はラップを使い優劣を決する。男性は中王区以外の「イケブクロ・ディビジョン」「ヨコハマ・ディビジョン」「シブヤ・ディビジョン」「シンジュク・ディビジョン」等の区画で生活することになる。各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたディビジョンバトルが始まる。

引用:『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima オフィシャルサイトより

OP主題歌 – DivisionAllStars 『ヒプノシスマイク -Rhyme Anima-』

引用)YouTube Channelヒプノシスマイクより

STAFF/CAST

CAST

人数がとても多いため、今回は特出して木村昴さんだけ語らせて頂きます!

山田一郎役の木村昴さん。彼はもともとヒップホップ好きとして有名ですね。
嵐にしやがれ』の【隠れ家ARASHI】でも、ラップ講座の先生としてゲスト出演していました。
また同作では『好良瓶太郎』というペンネームでリリックも手掛けており、今回のアニメでも木村昴さんが作詞した楽曲がいくつかあります

  • 「俺が一郎」 -第2話- 一郎が二朗と三郎の元へ向かうシーン
  • 「RUN THIS CITY」 -第2話- 立て籠り犯、成敗シーン
  • 「3 Seconds Killer」 -第6話-埼玉ラッパーグループ成敗シーン
  • 「IKEBUKURO WEST GAME PARK」 -第7話-ラップバトル予選シーン
引用)YouTube Channelヒプノシスマイクより

素人目でも木村昴さんのラップが上手く魅力的なのがわかります。
私は別作品で木村昴さんのラップを聞き、ヒプノシスマイクに興味をもちました。

おはスタで子供向けのラップアニメの役を担当するなど、アニメやバラエティを通してヒップホップ界に良い影響を及ぼしているのではないでしょうか

STAFF
  • 原作・音楽制作 : EVIL LINE RECORDS
  • 監督 : 小野勝巳
  • シリーズ構成 : 吉田伸
  • キャラクターデザイン : 芝美奈子
  • 総作画監督 : 芝美奈子
  • 総作画監督 : 落合 瞳
  • 総作画監督 : 竹内由香里
  • プロップデザイン : 江間一隆
  • 制作 : A-1 Pictures

監督は小野勝巳さん。『遊☆戯☆王5D’s』や『遊☆戯☆王ARC-V』、また『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズ(2期~5期)を手掛けています。

シリーズ構成の吉田伸さんも長らく『遊戯王』シリーズ(ARC-Vを除く)の脚本や構成を担当しており、遊戯王ファンの方であれば見覚えのある組み合わせだったのではないですかね。

登場人物

山田一郎(MC.B.B/エムシービッグブラザー)

イケブクロ・ディビジョン代表チーム。【Buster Bros!!!】のリーダー。
山田家の長男。ヨコハマの碧棺左馬刻との因縁に決着をつけるためラップバトルに参加する。
伝説のチーム【The Dirty Dawg】の元メンバー。

山田二郎(MC.M.B/エムシーミドルブラザー)

イケブクロ・ディビジョン代表チーム。【Buster Bros!!!】のメンバー。
山田家の次男。熱血だが少し抜けている。兄の一郎を尊敬している。

山田三郎(MC.L.B/エムシーリトルブラザー)

イケブクロ・ディビジョン代表チーム。【Buster Bros!!!】のメンバー。
山田家の三男。ドバイのゲームクリエイターを名乗りハッカーをしている。

碧棺左馬刻(Mr.Hc/ミスターハードコア)

ヨコハマ・ディビジョン代表チーム。【MAD TRIGGER CREW】のリーダー。
ヤクザの若頭。中王区にいる妹の手がかりを掴む為ラップバトルに参加する。
伝説のチーム【The Dirty Dawg】の元メンバー。

入間銃兎(45 Rabbit/フォーティファイブ ラビット)

ヨコハマ・ディビジョン代表チーム。【MAD TRIGGER CREW】のメンバー。
現役警官。情報屋や同僚の弱みを握り事件捜査のために使う。ヨコハマのまとめ役。

毒島メイソン理鶯(Crazy M/クレイジー エム)

ヨコハマ・ディビジョン代表チーム。【MAD TRIGGER CREW】のメンバー。
元軍人。中王区に捕らわれた上官を救うため、中王区への潜入を目的とする。

飴村乱数(easy R/イージーアール)

シブヤ・ディビジョン代表チーム。【Fling Posse】のリーダー。
ファッションデザイナー。女性が楽しめることを第一にラップを歌う。
伝説のチーム【The Dirty Dawg】の元メンバー。

夢野幻太郎(Phantom/ファントム)

シブヤ・ディビジョン代表チーム。【Fling Posse】のメンバー。
作家。嘘をついて人を揶揄うことが好き。

有栖川帝統(Dead or Alive/デッド オア アライブ)

シブヤ・ディビジョン代表チーム。【Fling Posse】のメンバー。
ギャンブラー。ギャンブルに負けては有り金を空にしチームメンバーにお金を借りている。

神宮寺寂雷(ill-DOC/イルドック)

シンジュク・ディビジョン代表チーム。【麻天狼】のリーダー。
医師。友人が昏睡状態に陥った原因は中王区にあるのではと疑う。
伝説のチーム【The Dirty Dawg】の元メンバー。

伊弉冉一二三(GIGOLO/ジゴロ)

シンジュク・ディビジョン代表チーム。【麻天狼】のメンバー。
No.1ホスト。イケメンだがジャケットを脱ぐと女性恐怖症となる。独歩とは小学校時代からの友人。

観音坂独歩(DOPPO/ドッポ)

シンジュク・ディビジョン代表チーム。【麻天狼】のメンバー。
サラリーマン。ネガティブ思考で気が弱く仕事を押し付けられがち。一二三とは小学校時代からの友人。

東方天乙統女

内閣総理大臣かつ中王区【言の葉党】の党首。
ディビジョン・ラップ・バトルを通し、優秀な人材の洗脳を画策する。

勘解由小路無花果

中王区【言の葉党】の党員。その他に「内閣総理大臣補佐官」「警視庁警視総監」「行政監察局局長」を務める。
飴村乱数に指示を出している。

トム・ウィスパー・ウェザコック

世界を旅するストリートカメラマン。各ディビジョンメンバーの取材を行う。
紛争地域で神宮寺寂雷に命を救われた経験がある。

アイリス・イノセント・トレイター

トムのマネージャー兼編集者。
ハッカーでもあり、お互い正体は知らないが山田三郎と協力関係にある。警察が嫌い。

太郎丸レックス

トムのアシスタントカメラマン。
犯罪者になりそうだったところをトムに拾ってもらう。実は16歳。

アニメ『ヒプノシスマイク』の視聴方法!

dアニメストア

ヒプノシスマイクのアニメは2023年9月8日現在、dアニメストアで配信されています

初月無料・月額550円なので視聴したい方は下記バナーからどうぞ!!

U-NEXT

またU-NEXTでもヒプノシスマイクのアニメは配信されています(2023年9月8日現在)

初月無料・月額2,189<円となっています

アマゾンプライム

下記は現在(2023/9/8)アマゾンプライムにあるレンタル可能な話一覧となっております。単話だけ見たい方はコチラをどうぞ

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』ネタバレ感想

4つのストーリー

1~8話目までは各ディビジョンごとのショートストーリー詰め合わせでした。
チームごとに話を区切ることで、視聴者にキャラクターの性格や関係性、ディビジョン・ラップ・バトルに参加する目的などをしっかり説明できていたと思います。

イケブクロは兄弟の絆の強さを見せつけてくれるストーリーでした。
一郎は山田兄弟の精神的支柱、そして二朗三郎がそれぞれの得意分野で一郎に貢献しようと奔走している姿は見ていて癒されました。弟二人が一郎に褒められたくて頑張り、一郎がしっかりそこを評価するところに兄弟愛を感じます。劇中ラップも疾走感があり最も爽快でした。

ヨコハマは「馴れ合い」とは違うアダルトな絆を描いていました。
戦場であれば黙って背中を預け合うことの出来るような、対等の関係性でしたね。
リーダーと同じ方向を向くことで力を増すイケブクロやシンジュクとは対照的でした。
会話中に「貸し借り」の単語を出すことで、表面上は仕事の関係性を強調していましたが、銃兎のチーム脱退を絶対に許さなかったりと深い繋がりを見せてくれました。

シブヤはチームというよりは友達の関係でしたね。
組織的な繋がりではないためバラバラには見えますが、3人で行動している時に一番楽しそうなのはシブヤでした
人を楽しませることを第一に考えていたのも好印象です!!

シンジュクは尊敬と信奉の関係性だったと思います。
人間性の素晴らしい寂雷一二三独歩が付いていく、理想的な上司と部下の関係性です。
ストーリーは独歩が中心でしたね。独歩が何かに巻き込まれ一二三がサポートしつつ、寂雷が解決する、優秀なチームでした。

長兄の圧倒的カリスマと血縁の強固な信頼で結ばれた三位一体のイケブクロ

互いの力を認め合っているからこそ利用し合う関係にある仁義のヨコハマ

基本バラバラだが楽しむ・楽しませることには全力の自由奔放なシブヤ

神宮寺寂雷の包容力に助けられその恩に報いるために戦う絆のシンジュク

ストーリーを通じて各チームの特色がよくわかりました。

また変に一つのチームだけを目立たせるようなことをせず、後続のディビジョン・ラップ・バトル編に向けて全てのチームを応援したくなる脚本になっていたと思います。

物語を繋ぐ『Secret Aliens』

トムアイリスレックスの3名はこのアニメにおいて非常に重要な立ち位置にいたと思います。

まず視聴者のために4つの物語を繋ぐ役割。
今作では基本的には各ディビジョンごとで独立して話が進んでいました。
トムアイリスレックスが各話に所々登場することで、4つの物語がヒプノシスマイクという1本の物語に繋がっていたと思います。
彼らの発言や行動が問題解決に繋がることも多く、アシストキャラクターとしても優秀でしたね。

また登場人物の簡易な紹介やチームの紹介などは彼らが担当することが多かったです。
The Dirty Dawg】の存在など、私のようにアニメ以外の情報を知らない視聴者に重要な情報を説明してくれていました。

そしてラスボスとしての役割
ラストバトルがヨコハマ vs シンジュクだとイケブクロとシブヤのファンから文句がでるかもしれない…
とはいえ中王区関係者を倒すわけにもいかない…
そんな悩みを解決する見事な配役でした!!

序盤から中盤にかけて好感度を上げに上げてから敵として登場する絶望感
世界を旅していることに起因する圧倒的な実力
卑怯な手段を許さず真っ向勝負を仕掛ける姿勢


敵としての魅力も申し分ありませんでした!!
【The Dirty Dawg】が一時的に復帰する流れも自然で視聴者が望むことも見事に叶えてくれた敵だったのではないでしょうか。

敗北したとはいえ、3対12。
【Secret Aliens】の格が落ちることもなかったので、今後も活躍してくれることに期待です!!

評価

評価: 4.0  面白かった!オススメできる
評価軸

☆5 最高!万人にオススメ!!
☆4 面白かった!オススメできる
☆3 満足。
☆2 微妙…。
☆1 好みではない

まず単純に劇中ラップのMVが素晴らしく見ていて楽しかったです。
またMCバトルも韻を踏んでいる箇所は色分けしてくれるなど、ヒップホップ初心者にもわかりやすく作品を作ってくれていました

最後に

The Dirty Dawg】の話や各チームの立ち上げの話などを知っているとさらに楽しめたんだろうなとは思いながら今回のアニメを視聴していました。

展開を知りすぎてしまうのも嫌だったので、アニメ放映中は手をださないことにしていましたが、さっそく漫画あたりから読んでいこうと思います!!

またこの作品のせいで即興ラップバトルの楽しさを知ってしまいました…
最近はUMBやADRENALINEなどのMCバトル動画三昧です…
台本のない本場のMCバトルは本当に凄いです!!頭の回転が速すぎる…
ヒプノシスマイクが好きな方でMCバトルを見たことがないかたは見てみることをオススメします!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました